Proper Joint Care Cardiovascular health Immunity Allergy

HOME > 免疫ミルクの研究

Visitor:1318


アレルギーの緩和

人類は環境の変遷とともに多くの新しい疾病に遭遇している。アレルギーがその一つである。米国の研究者の統計によると、世界各地でアレルギー性喘息患者の割合が年々増え、北米では10%もの人口が喘息にかかったという(1)。台湾大学付属病院小児科の研究では、ここ20年、台湾で児童のアレルギー発生率が8倍以上増え、その影響を受けた児童も日増しに増加している。もし両親のいずれかの一人がアレルギー体質であればその子供のアレルギー病罹患率が1/3であり、両親ともアレルギー体質であればその子供のアレルギー病罹患率が2/3に達する。両親がすでにアレルギー症状がある場合で、第一子が遺伝的にアレルギー体質であるとき、次の子もアレルギー体質になることになる(2)

アレルギーとは何なのか。生物が外来の異物(アレルギー誘発物質、すなわち、抗原)に対抗する時に誘発された過剰な反応であり、アレルギー反応と呼ばれている。アレルギー反応を誘発する異物をアレルギー誘発物質と総称する。これらのアレルギー誘発物質は体内の免疫系と相互作用すると、各器官組織細胞の水腫・炎症、及び平滑筋の収縮・痙攣を引き起こす。アレルギー反応は発生部位によって引き起こされる症状も違う。例えば、最もよく見られるのは喘息、アレルギー性鼻炎、皮膚アレルギー(アトピー性皮膚炎、蕁麻疹)、アレルギー性結膜炎などである(3)

Immune today, healthy everyday.
回上一頁置上

These statements have not been evaluated by the Food and Drug Administration.

The products mentioned here are not intended to diagnose, treat, cure or prevent any disease.