Proper Joint Care Cardiovascular health Immunity Allergy

HOME > 免疫ミルクの研究

Visitor:576


Immunity

ヒトの免疫系が先天免疫と適応免疫(innate and adaptive immunity)に分けられている。先天免疫系は感染症の病原体に対抗する最初の防衛線として、明らかな感染になる前に大部分の感染症の病原体から防衛する。もし最初の防衛線での防衛に失敗したら、適応免疫系が活性化され、病原体ごとに向けた特異的抗体を産生する。そのうえ、適応免疫系は該当感染症の病原体を記憶し、その後の再発を予防できる(Table 1参照)(4)

  先天免疫系
(Innate immunity)
適応免疫系
(Adaptive immunity)
作用方式
食細胞が外来抗原を食べる
各種の特異性のある抗原に対して異なる抗体が産生する
特性
記憶性と特異性を持たす、感染を繰り返しても抵抗力が増加しない
記憶性と特異性を持ち、感染を繰り返すに従い抵抗力が増加する
可溶性因子
補体(complement)、インターフェロン(Interferons)
抗体(antibody)
関連細胞 食細胞、NK細胞 T細胞、B細胞
Table 1.先天免疫系と適応免疫系の中の各種の分子と細胞(4)

S100牛乳は低温噴霧乾燥で製造さ れた製品であり、抗体の活性を有するだけでな く、特殊な抗炎症因子(5)を含み、疾患が炎症を 引き起こした場合、効果的に炎症を低減して、 体を正常な状態へ回復できる。S100牛乳によ って、すみやかに免疫力正常な状態を調整・維 持し、風邪の発生率を低減し、免疫力低下と感 染を予防し、人体の老化のスピードを遅らせる ことができる(6, 7)

Immune today, healthy everyday.
回上一頁置上

These statements have not been evaluated by the Food and Drug Administration.

The products mentioned here are not intended to diagnose, treat, cure or prevent any disease.