Proper Joint Care Cardiovascular health Immunity Allergy

HOME > 免疫ミルクの研究

Visitor:608


免疫力の維持

ヒト臨床試験一(9)
東南アジア諸国では、口腔粘膜下線維症(oral submucous fibrosis, OSF)がビンロウの咀嚼(areca quid chewing)と密接な関係がある(10)。OSFは罹患時間が続くほど、臨床上、悪性への転化率が高くなる。そのため、早急に診断・治療を受けて、悪性への転化を予防できる。

Tai ら (2001)はOSF被験者46人に口腔習慣を調整させた。その上、その中の26人にはS100脱脂乳を飲ませ(毎日2回、毎回45グラム、実験群)、残りの20人には口腔習慣しか調整させなかった(対照群)。3ヶ月連続飲用後、OSFの臨床症状及び口開き程度を評価した。

実験結果を見てみると、S100脱脂乳を飲むと、OSF症状の改善は20%~80%に達し、白板症あるいは紅板症(leukoplakia or erythroplakia)、スパイス耐性(intolerance to spices)及び口腔乾燥症 (xerostomia)への改善には統計的有意差が見えたことがわかった(Table 3参照)。また、臨床観察により、被験者の口開き程度(繊維化程度の緩和)への改善にも統計的有意差が見えたことがわかった(Table4参照)。

Tai らは次のようなメカニズムがあると推測した。すなわち、S100脱脂乳の中の抗炎症成分が「繊維化サイトカイン」(fibrogenic cytokines)の産生を抑制する同時に、「抗繊維化サイトカイン」(antifibrotic cytokines)の産生を促進し、口腔繊維化程度を緩和する。それによって、被験者の口開き程度を増大する。

 

  治療群(n=26) 対照群(n=20)
症状や兆候

ベースライン時に苦情の
ある患者
ケースナンバー(%)

終了時、改善のある患者 ケースナンバー(%) ベースライン時に苦情のある患者 ケースナンバー(%) ベースライン時に苦情のある患者 ケースナンバー(%)
スパイス不耐性 20 (76.9%)* 16 (80%) 17 (85%) 3 (17.6%)
口内乾燥症 18 (69.2%)** 13 (72.2%) 13 (65%) 2 (15.4%)
水胞や潰瘍 12 (46.2%) 7 (58.3%) 11 (55%) 5 (45.5%)
灼熱感 9 (34.6%) 7 (77.8%) 7 (35%) 4 (57.1%)
舌移動障害 22 (84.6%) 5 (22.7%) 16 (80%) 0 (0%)
舌炎 13 (50%) 3 (23.1%) 12 (60%) 0 (0%)
白板症または紅色肥厚症 7 (26.9%)*** 5 (71.4%) 5 (25%) 0 (0%)

Table 3. OSFの症状改善程度(9)。 * p<0.001, ** p<0.005, *** p<0.05

  終了後開口
ベースライン開口 ≦20mm 21-30mm 31-44mm Total p value*
≦20mm 4 8 0 12 0.002
21-30mm 0 5 5 10  
31-39mm 0 0 4 4  
Total 4 13 9 26  

Table 4. 被験者の口開き改善の程度(9)。 *Chi-squared test。

 

 

ヒト臨床試験二(11)
Hirokawa ら (2009)は被験者46人(男性17人、女性9人、31-61歳)にS100脱脂乳を5ヶ月連続で飲ませた(毎日、1-2袋、(30-60グラム)。飲用前、連続飲用3ヵ月後、連続飲用5ヵ月後、3回に分けて測定・比較した。

免疫力の測定 測定値 得点
T 細胞数/μl 500 1
T細胞増殖係数 0.57 1
CD4+T 細胞/CD8+T 細胞 2.32 3
Naive T 細胞数/μl 111 1
Naive T 細胞/memory T 細胞 0.58 2
CD8+ CD+28 T 細胞数/μl 120 2
B 細胞数/μl 168 3
NK 細胞数/μl 241 2
免疫力総点数 15/24
Table 5. 免疫力得点評価(11).

実験は年齢とストレスにより変化した8つの細胞生化学的指標をテスト項目にした。この8つの測定値を3段階評価に分け、最高を「3」点、中間を「2」点、最低を「1」点にして、延べ8-24点にして、免疫力評価とした(Table 5参照)。免疫力の状態を判定するため、評価は「危険」、「注意必要」、「観察必要」、「良好」、「とても良好」(Fig. 5参照)という5つの健康段階に分けられた。その結果、「観察必要」及びその以下だった16人は5ヵ月後9人に減り、「良好」及びその以上だった8人は5ヵ月後15人に増えた。

被験者24人のS100牛乳飲用前後の免疫力に対する総合判断評価 (Fig. 6参照)は下記通り:S100脱脂乳5ヶ月連続飲用後、得点が平均的に1点増え、「観察必要」及びその以下だった16人は得点が1.5点増え、「良好」及びその以上だった8人は得点が著しく増えなかった。言い換えれば、免疫力が低い人にはS100脱脂乳飲用による免疫力向上効果が大きく、免疫力が良い人には免疫力が過度に向上せず、体の免疫状態を適度の状況に維持することがわかった(11)

Fig. 5. 被験者のS100牛乳飲用前後の免疫力に対する総合判断評価では、S100牛乳飲用は免疫力を向上させるとわかった(11)

Fig. 6. S100牛乳5ヶ月連続飲用後、免疫力が低い人には免疫力向上の幅が大きいが、免疫力が良い人には免疫力が過度に向上せず、人体の免疫状態がある程度の状況にとどまらせる(11)

 
Immune today, healthy everyday.
回上一頁置上

These statements have not been evaluated by the Food and Drug Administration.

The products mentioned here are not intended to diagnose, treat, cure or prevent any disease.